温泉地における大型宿の良さと小型宿の良さ

大型宿の良さは何か?

大型宿は、主に高度経済成長時に次々と建てられたものが多く、温泉地の景観を形作っています。大型宿の良さは、その広さによって大型宿ならではの過ごし方ができる点です。部屋・風呂などは普段の自宅では体験できないような広さで、非日常感を存分に感じることができます、宿の上層階に泊まればそこから眺める景色は素晴らしいものです。食事は、多くの宿泊客に効率良く提供できるようにバイキングの場合が多いです。地元の食材を中心に、様々な料理をお腹一杯食べることができるので非常に満足できます。浴室も同様に多くの宿泊客を入れないといけないので、数十人が一度に入れるような規模である場合が多いです。広い空間は脳をリラックスさせるので、より一層入浴が心地良くなります。

小型宿の良さは何か?

小型宿の良さは、まるで自宅にいるような落ち着きがあり、目が行き届くので細かなサービスを期待できる点です。大型宿は株式会社として運営している場合がほとんどですが、小型宿は家族経営が多いのでアットホームです。オーナーの趣味が織り交ぜられている宿が多いので、一つ一つの宿に個性があり見どころがたくさんあります。話が好きであれば、夜にオーナーと酒を酌み交わしながら語り合える場合もあり、人の温かさを感じます。料理は部屋食が一般的に多く、プライベートを確保しつつ食事ができますし、趣向を凝らしたオリジナリティの高い料理が出るのも特徴的です。浴室はそれほど大きくありませんが、湯量をそれほど必要としないので源泉かけ流しである場合が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です