ここは天国!エメラルドに輝く海へ!タイ南部のピピ島へ旅してみませんか?

透明なエメラルドグリーンの海、それはピピ島にありますよ!

タイ南部の常夏の島プーケットへは、タイの首都バンコクから飛行機で約1時間ほど。残念ながら日本からの直行便はないのですが、常夏の島、透明な海のリゾートを求めて多くの観光客に人気を集める旅行先のひとつです。リゾート地の中でも、プーケットからほど近いピピ島をご存知ですか?切り立った巨大な石灰岩の岩山をバックに、白砂のビーチに静かに押し寄せる波は透明に輝き、沖に行くにしたがってエメラルドグリーンから深い青、そして藍色へとグラデーションで色を変える海、波打ち際には木製の細長い形をしたロングテイルボートが停泊している、まるで絵葉書になるような光景はそう、ピピ島の風景なのです。忙しい毎日を忘れて心もカラダもリフレッシュできる、そんな旅をしたいあなたにおすすめの場所がピピ島です。

タイ南部のピピ島ってどんなところ?プーケットから日帰りも可!?

ピピ島へは、プーケット東部のラッサダー港から大型船で約2時間、スピードボートなら約1時間で行くことができます。日帰りも可能で、旅行会社からの日帰りパッケージツアーも人気です。朝7時頃にプーケットの滞在先ホテルにお迎えが来て港まで行き、8時半出港の大型船で約2時間後にピピ島へ到着。青く透明な海でシュノーケリングを楽しんだ後には、ビーチ前のシーフードレストランでセットランチが用意されています。午後2時半にピピ島を出発して夕方にはプーケットに戻ることができる、休暇日数の短い人にもおすすめのスケジュールとなっています。ピピ島とは、トンサイ湾に港があり多くのホテルなどがあるピピ・ドン島と、無人島のピピ・レイ島など合計6つの島々からなる総称です。ピピ・レイ島にあるマヤビーチは、レオナルドディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の撮影場所としても使用され有名です。次の旅行先にピピ島はいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です